パークハウス清澄白河タワーの特徴

室内設備に魅力あり

マンション内の共用設備には様々な観葉植物が置かれ、緑をたっぷりと感じることができるパークハウス清澄白河タワー

エントランスは高級感溢れるフロアになっており、ラウンジスペースが広がります。
重厚感のある入り口をくぐり抜けると高級ホテルのようなスペースが広がっており、それぞれのお部屋には大きなエレベーターと、カーペットの敷かれた内廊下を使用する物件です。
玄関ドアが重厚感のあるブラックカラーを使用しており、ディンプルキーによるダブルロックを採用。
さらにメインエントランスやサブエントランス、エレベーターホールには防犯カメラも設置しています。
お部屋によってキッチンがカウンタータイプになっていて、静音タイプのワイドシンクを設置。

浄水器と一体型の水洗レバーを使用することができます。
またディスポーザーや食洗機なども完備となっていてフラットタイプの大きなレンジフードも特徴的。
光沢のあるウッド調のデザインが収納スペースとしても高級感のある雰囲気を演出します。
お手洗いがオートタイプの温水ウォシュレットで、バスルームが浴室乾燥機能に追い焚きまでもできる機能となっています。